未分類

広島国際柔術選手権レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島国際柔術選手権2017レポート

今回は道場からイドムス上田、道場所属だけれど育ったジムの山口支部を名乗り出場するこだわりの男・陽平の二名参戦

陽平ノーギ・師匠格の方とのメモリアルマッチ! メモリアルマッチと言いながら全力での闘い、やはり力及ばず一本負けでしたが終わった後の二人の笑顔は最高でした、こんな試合も良いな!

陽平柔術・階級、無差別共に初戦敗退。正直減量に無理があったと思います、そしてフィジカルも不足。しかし紫帯でのチャレンジは始まったばかり、研究熱心な陽平のこれからの巻き返しに期待してます!

上田ノーギ・柔術・今回はエントリー出来る階級全部出場!素晴らしいチャレンジです。結果は全敗でしたが限られた時間の中で稽古も試合も楽しみながら全力を尽くし、清々しい笑顔でチャレンジを終えた上田、その姿勢は生涯スポーツとしての柔術への最高のお手本です。チャレンジの先にある充実感を味わい日々の活力にする、素敵な事だと思います! 試合に関しての敗因は間違いなくフィジカル不足、筋トレ大切!!

レポート 宮崎 清孝

コメントを残す

*